基本給に含まれている固定残業代ってなに!?

MENU

え、残業代、これだけ…?!

残業をした時間から考えて、この残業代は明らかに少ない…

 

そう感じたあなたは、入社時にもらった、労働契約書とか雇用条件通知書という書面を見直してください。

 

書面なんてもらってない!って方は要注意!!
法律で、雇用契約は書面でするように決められています。

 

給料のところを、よく見ると・・・

 

基本給のところに、ちいさく、
残業代を含むとか、
残業代○時間分などと書かれていませんか?

固定残業代について

 

これが、
会社が払う残業代を減らすために考えたテクニック
なのです。

固定残業代は、条件をクリアすれば合法

あらかじめ残業代として固定の金額を支払うこと
固定残業代」や「定額残業代」と呼びます。

 

これは違法ではありません

固定残業代は合法

 

会社は、従業員から残業代をもらってないと主張されたときに、
「いや、払ってるよ。基本給に含まれているって入社時に言ったじゃない。」と返すことができます。

 

ただし、条件があります。
固定残業代の部分がいくらで、何時間分の残業代なのかを、きちんと明記しなければいけないのです。

 

そして、設定した残業時間を超えて残業をしたときには、その超えた時間分の残業代は追加で支払う必要があります

 

一方、設定した残業時間まで残業をしなくても、固定残業代を減らして支払うことはできません。

 

固定残業代分、基本給を安くしている

じゃあ、会社は損するんじゃない?と思ったあなたは、いい人です!
会社は損しないように、抜け目なく設定しています。

 

そう、基本給をとっても少なくしているんです。
最低賃金ギリギリぐらいに。

 

で、残りの分は残業代。

 

見た目に基本給がかなり高くなるので、人も集めやすくなるし、残業代は払ってると逃げられるし、会社にとって、とてもメリットのある制度なんです。

僕は損してる!と思ったあなたへ

じゃあ、僕は損してる!と思ったあなたに、朗報です。

僕は損してる!と思ったあなたへ

 

さっき見た労働契約書を見直してください。

 

固定残業代がいくらで、何時間分の残業代なのか、書いてありますか?

 

書いてなかったら、ラッキーです!
今すぐ、過去2年分の残業時間を計算してください。
そして、未払い残業代を請求しましょう。

 

なぜかと言うと、
固定残業代がいくらで何時間分の残業代なのかが明記されていない場合、固定残業代は無効です。
残業代を払ったとは認められません。

 

するとどうなるか?

 

残業代が含まれているはずの「基本給」を基礎として、残業代を計算できるのです。
つまり残業代の二重受け取りです。

 

これもまた違法ではありません

 

固定残業代、未払い請求できるかも?

固定残業代の内容を明記するのは会社の責任ですから、
それを果たしていない以上、会社に残業代を支払ったと主張する権利はない
のです。

 

働いた分はきっちりもらいましょう!

コラムでホッと一息

そもそも、従業員が残業までして働いた利益は、会社に入っているのです。

 

それなのに残業代を削ろうとずるいことを考える会社では、いい人材が逃げていき、長くはもちません。

固定残業代についてコラム

 

逃げるが勝ち!
もらうものはもらって、転職しましょう。